トップページ 初めての方へ Pharlaについて オーダーメイドの流れ お支払・送料 業務内容
 >> トップページ > 気になる症状
▼サプリ商品一覧
オーダーサプリ
80種類のサプリ
▼サプリメントについて
サプリメントとは?
サプリメントは必要?
サプリメントの摂り方
ファルラの思い
ポーレンシップ
▼気になる症状
冷え
美を保ちたい
痩せたい
むくみ
目の健康
にきび(ざ瘡)
しみ・しわ
肌のかさつき
貧血気味
美白
便秘
胃の調子が悪い
いらいら・ストレス
寝つき・寝起きが悪い
肩や首のこり
月経前症候群
不妊
生理痛・生理不順
集中力の低下
疲れやすい
▼体験者の声
▼よくあるご質問
店長の部屋
● ごあいさつ
● 薬剤師てるちゃんの
サプリメントBlog[更新中]
●セミナー・執筆実績
●マスコミ掲載実績
■特定商取引法
に基づく表記
■プライバシーポリシー
■相互リンク
■お問い合わせ
こんな商品扱ってほしい
こんなサービスあるといいな?は、こちらまで
気になる症状 > 痩せたい
痩せたい
 最近、特に中高年層において肥満者が増加しています。男性では30歳代以上、女性では40歳代以上の年代において多く、肥満を原因とする生活習慣病の問題が生じています。
 肥満とは単に体重が多いということではなく、脂肪組織が過剰に蓄積した状態を指します。一般に、肥満の判定基準として、BMI(ボディ・マス・インデックス=体格指数)が、用いられます。BMIは、次の式で求められます。
BMI=体重(kg)÷ 身長(m)2
「普通体重」とはBMIが18.5以上25未満のことで、BMI=22に相当する体重を標準体重とします
(統計的にみていちばん病気にかかりにくい体型で、標準である“22”から離れるほど有病率は高くなります)。また特に女性の場合は「美容体重(理想体重)」というものもあり、健康を保ちつつも女性がもっとも美しく体系を保つための基準体重で、身長(m)×身長(m)×19の計算式で算出します。
 なおBMIという数値自体が、体脂肪量を正確に反映しているわけではありません。BMIでは、身長と体重が同じであれば、筋肉質の人でも脂肪の多い人でも肥満の程度は同じと計算されてしまうからです。そのため、BMIが標準範囲内であっても、実際には体脂肪の割合が多い、「隠れ肥満」(体脂肪率:男性20%以上、女性25%以上)という場合もあり、最近ではこの隠れ肥満の方が増えています。                        

◆ 原 因

 肥満は、摂取した脂肪や糖質がエネルギーとして消費されず、脂肪細胞に脂肪として取り込まれることが原因で起こります。肥満は糖尿病や高脂血症、高血圧などさまざまな生活習慣病のもとです。適正な体重を維持するためのダイエットは健康の基本と言えます。
 ただしやみくもに食事制限をすると、体重は減っても栄養失調になったり、筋肉が減ることで新陳代謝が悪くなりリバウンドの原因になることもあります。健康的なダイエットには、運動とバランスのよい食事が欠かせません。

◆ 対 策

適性体重の維持には、適切な食生活と運動習慣が基本になります。しかし、太りやすい人とそうでない人がいるのも事実です。食事を減らしダイエットしても思うように体重の減らない人もいれば、「やせの大食い」と言われるように、いくら食べても太らない人もいます。同じカロリー摂取しても体重に差が生じるのは、体質による差、言い換えれば、個人のもつ遺伝子(遺伝素因)の差に起因します。太りやすい体質をもつ人が、食べ過ぎや運動不足などになりやすい環境で生活するとき、肥満となってしまいます。
こんなことにも気をつけて生活しましょう!

 ★毎日1回測定しましょう
  まずは自分の体重、体脂肪率を知ることが大切です。できるだけ毎日同じ条件で測定・記録し、1ヶ月単位の変化を見ましょう。

 ★ウォーキングしましょう
  最初は無理しすぎないことも大切です。少しずつ歩く時間を延ばし、1日20分はウォーキングするよう心がけましょう。

 ★やはりストレスは天敵
  ストレスは肥満原因になります。ゆっくり入浴したり、趣味を楽しんだり、ストレスと上手につきあいましょう。

◆ 食 事

 ダイエット中に不足しがちになるのが水分やビタミン・ミネラルなので、意識して摂取するようにしましょう。食物繊維は、脂肪や糖質の吸収を抑える働きもあるので積極的に摂るようにしましょう。
 
 ★時間を決めて1日3食
  毎日決まった時間の食事は、ドカ食いやダラダラ食いをなくします。
  食べ過ぎたら次の食事は控えるなどして調整しましょう。

 ★軽めの夕食が近道
  日中は活動量が多いので、朝昼はしっかり食べる必要があります。
  夜は脂肪をためやすいので軽くしましょう。

 ★量より品数を多く
  品数を増やすコツは、野菜、海草、キノコ、大豆製品を加えること。
  (これらには脂肪や糖質の吸収を抑える働きもある「食物繊維」も豊富です)
  外食は丼物やラーメンではなく、野菜たっぷりの定食をえらびましょう。

 ★良く噛んで、腹八分目
  とにかく良く噛むことを意識し、20〜30分かけて食べましょう。

 ★間食とアルコールに注意
  間食とアルコールは回数と量を減らし、低カロリーなものを選びましょう。
  間食はどうしてもという場合、なるべく3時ごろ食べるようにしましょう。

◆ サプリメント

食生活や運動習慣、生活習慣を見直すことはとても大切です。
ダイエットで不足しがちな栄養素をサプリメントで補ってあげることはとても大切です。

◆ 注意点

 過去に医薬品を含んだダイエット用健康食品(違法な商品です)を服用後に死亡した例があります。効きそうだからという理由で、宣伝広告などに惑わされることのないようしっかり吟味して購入するようにしましょう。

◆ オーダーメイドサプリメントの予算は?

 他のお悩みやご予算などにより異なりますが、
 1ヶ月6,000円円程度〜


■体験者の声

オーダーメイドサプリをおすすめします!!
カウンセリングシートを記入する

<< トップページへ