トップページ 初めての方へ Pharlaについて オーダーメイドの流れ お支払・送料 業務内容
 >> トップページ > 気になる症状
▼サプリ商品一覧
オーダーサプリ
80種類のサプリ
▼サプリメントについて
サプリメントとは?
サプリメントは必要?
サプリメントの摂り方
ファルラの思い
ポーレンシップ
▼気になる症状
冷え
美を保ちたい
痩せたい
むくみ
目の健康
にきび(ざ瘡)
しみ・しわ
肌のかさつき
貧血気味
美白
便秘
胃の調子が悪い
いらいら・ストレス
寝つき・寝起きが悪い
肩や首のこり
月経前症候群
不妊
生理痛・生理不順
集中力の低下
疲れやすい
▼体験者の声
▼よくあるご質問
店長の部屋
● ごあいさつ
● 薬剤師てるちゃんの
サプリメントBlog[更新中]
●セミナー・執筆実績
●マスコミ掲載実績
■特定商取引法
に基づく表記
■プライバシーポリシー
■相互リンク
■お問い合わせ
こんな商品扱ってほしい
こんなサービスあるといいな?は、こちらまで
気になる症状 > 胃の調子が悪い
胃の痛み・むかつき・胃もたれ

胃の調子が悪いという状態は誰もが経験していることかと思います。
ストレスが原因であったり、暴飲暴食が原因であったり、
もともと胃が弱い体質であったりと様々でしょう。
ストレスに胃はとても敏感に反応します。
病気でなくても食欲がなくなることで胃の働きが弱くなり、胃もたれや胸やけといった症状がでることもあります。
また多少は調子が悪くても食事もしっかり食べてしまい、胃にかえって負担をかけてしまい、胃もたれやげっぷなどの症状がでる場合もあるでしょう。
最近では機能性胃腸症(Functional dyspepsia、FD)と言われ、内視鏡検査をしても胃潰瘍や胃炎といったはっきりとした異常がないのに、胃の痛みやもたれ、吐き気、胸やけ、嘔吐などの症状があるという人も増えています。
機能性胃腸症は新しい病気というわけではなく、日本人の4人に一人が経験していると言われています。ストレスが主な原因と言われており、ストレス社会の現代病といってもよいでしょう。
 

◆ 原 因


“胃の痛み”の原因は色々とあるといわれていますが、たとえば、胃の痛みをお腹がすきすぎた時に感じるという人もいれば、食事をした後に、食べすぎて胃の痛みを感じているという人もいます。他にも現代はストレス社会といわれていますが、ストレスを感じたために胃の痛みを感じるという人もいます。胃液は強い酸でできているため、胃粘膜は粘液を出して、自ら胃を守っています。しかし、胃酸が強くなりすぎたり粘液がスムーズに分泌されないと、胃粘膜が荒れて胃炎が起こったり、さらに進行して胃潰瘍になります。多くの場合、胃酸が出過ぎていることから胃の痛みを感じる人が多いといわれています。胃酸の分泌のしすぎは、たとえば、不規則な生活をしていたり、食べてすぐに寝たり、食べすぎ、ストレスを感じたりしても胃の痛みを感じるというケースはありますし、薬を飲んでいて副作用によって胃の保護機能が低下し、胃の粘膜が荒れてしまって胃の痛みを感じるという人もいます。

“胃のむかつき”を感じるという人も多いと思います。他にも精神的なストレスを感じているために、会社へ行くとそれまで大丈夫だったのに、行ったとたんに胃のむかつきを感じてしまうという人もいるでしょう。胃のむかつきだけでなく胃もたれや胃の痛みなどの症状も合わせて併発する人もいますし、胃のむかつきが原因で口臭が匂ってしまう場合もあります。胃のむかつきの原因は胃酸が出過ぎの場合もありますが、人間の胃が動いている時間というのは、朝9時ごろから夜9時ごろまでとされていますから、この時間以外に食べ物を食べたりすると、胃が働いていない時間帯になるので、胃のむかつきを感じることがあります。食事以外で胃のむかつきを感じるという場合には、お酒の飲みすぎの場合もあります。

“胃もたれ”になったことがあるという人は多いと思いますが、胃もたれの状態というのは、胃の運動機能が低下してしまったことによって起きています。食べ物を食べると消化液である胃酸を食べ物に混ぜながら、徐々に分解して小腸に運んでいくのですが、胃もたれの状態になってしまうと、この消化液を出して小腸に運ぶという状態がスムーズに行われなくなってしまいます。胃の中に分解されずに、食べた物が残っている状態を胃もたれといいます。胃もたれは食べすぎによって起きる人もいますし、他にも、薬を飲んだ人が、薬の副作用で胃もたれになるというケースもあります。ストレスによって胃もたれが生じる人もいるといわれていますから、胃もたれの原因というのは人それぞれ違っています。

◆ 対 策


胃酸の分泌を強めてしまうのが、暴飲暴食・刺激物・アルコールなど。粘液の分泌を低下させるのがタバコ・ストレスなどです。暴飲暴食・タバコ・アルコールを避けるのはもちろん、ストレスをためないようにすることも大切です。
また、近年ではピロリ菌という胃内の細菌も、胃潰瘍の大きな原因のひとつとされています。
食べ方も注意!
「機能性胃腸症」の症状である胃もたれ・胃痛などの胃に現れる諸症状は胃の機能低下が原因ですが、その原因の一つに食べ方があります。胃の負担になる様な食べ方をしていないか再確認し、胃の機能低下に繋がる様な食べ方を改善しましょう。

● 早食い
よく噛まずに飲み込むような早食いは、胃にたいへん大きな負担をかけてしまいます。よく噛まずに飲み込まれた食物を胃が消化しようとしますので、胃に大変負担がかかり、疲労します。また、早食いすることにより、食べ物と一緒に空気も飲み込んでしまい、胃が必要以上にふくらんでしまい胃が張りげっぷなども出ます。そして胃が膨らみすぎると、胃の内圧があがるので、それが原因でお腹が苦しくなったりもします。よく噛むことで胃の消化を助けるのです。

● 食べ過ぎ
食べ過ぎて胃に食べ物がいっぱい詰まった状態になると、食べ物が消化しきらずに胃に残ってしまうことがあり、胃に長時間大きな負担をかけることになります。

● すすり食い
すすり食いも食べ物を飲み込むのと一緒に空気も飲み込んでしまうので、必要以上にに胃が膨らんでしまい、胃に大きな負担がかかります。

● 食事の時間が不規則
仕事が忙しく食事をとる時間が不規則な方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、食事時間が不規則だと胃の休まる時間がなく、常に胃液を分泌し、蠕動運動をしなくてはならず、胃に大きな負担がかかります。特に夜遅くに食事を食べると、睡眠中に胃の中に食べ物が停滞してしまいます。胃の中に長時間食べ物が残留することにより胃が荒れ、朝起きたときになんとも言えない不快感や胃もたれを引き起こします。睡眠3時間前は、できるだけ食べたり飲んだりを控えるようにしましょう。

食事のとり方の注意
@お腹一杯食べない(腹八分目)
Aゆっくりよく噛んで食べる
B食事時間を規則正しく(夜寝る3時間前からは食事は控える)
C食後は30分程度の食休みをする。


◆ 食 事


胃の痛みがあるときは胃の負担を軽減するようにしましょう。一度に食べる量を少なめにし、消化のよいものを食べ、消化の悪いもの(油脂、食物繊維)や胃を刺激するもの(ワサビ、唐辛子、コーヒー、紅茶、アルコールなど)を食べるのを控えましょう。牛乳や乳製品は胃粘膜を保護してくれますが、動物性脂肪の摂り過ぎは肥満につながるので注意を。冷たすぎ熱すぎの食べ物・飲み物も胃を刺激してしまいます。人肌かやや温かいくらいが胃に優しい温度ですね。


◆ サプリメント


胃の不調は様々な要素が絡み合って起こってきています。
日頃の心がけなど気をつけたいところですが、体質が改善するのに時間がかかるのも事実。
サプリメントでサポートあげることも大切といえるでしょう。


◆ 注意点


●薬を飲んでもよくならない、胃の症状以外に黒い便が出るなどほかの症状を伴うときは、消化器の専門医に相談しましょう。

●胃が痛むのは粘膜の荒れがかなり進行しているときですが、進行が止まっているときには痛みはありません。痛いときだけその場しのぎに薬を飲んでいると、どんどん悪化してしまうので要注意です。再発性の胃潰瘍の場合は1週間のピロリ菌除去治療で防止できることがあります。


◆ オーダーメイドサプリメントの予算は?

 他のお悩みやご予算などにより異なりますが、
 1ヶ月7,000円円程度〜



■体験者の声


オーダーメイドサプリをおすすめします!!
カウンセリングシートを記入する

<< トップページへ